PR

 米Amazon.comは月額制の音楽配信サービスを立ち上げる計画だと、海外のメディアや通信社が現地時間2016年8月22日までに米Recodeの報道を引用して伝えた。

 それによると、Amazon.comは1カ月の料金が10ドルほどの、競合大手と同様の聴き放題、広告なしの音楽配信サービスを始めたいと考えている。またAmazon.comはスピーカー型の音声アシスタント端末「Amazon Echo」のみで利用できる廉価版サービスも計画しており、こちらは月額4ドルあるいは5ドルになるという。

 業界筋によると、Amazon.comは現在、大手レコード会社や音楽出版社と協議をしている。まだ契約はまとまっていないが、同社は2つの新サービスを今年9月に立ち上げたいと考えている。Amazon.comは現在、有料会員プログラム「Prime」の特典として、追加料金なしの聴き放題音楽配信サービス「Prime Music」を提供しているが、新サービスはこれとは異なり、独立した単体サービスとなるもよう。

 Amazon.comの新たな音楽配信については英Reutersなどが6月に、米Appleや英Spotifyと競合するサービスを準備していると伝えていた。今回のRecodeの報道によると、Amazon Echoのみに対応するという新サービスは、現在一般的に考えられている消費者ニーズに逆行する。Spotifyの利用者はその大半がスマートフォンでサービスを利用しているという。Appleも昨年6月末に「Apple Music」を開始した際、iPhoneのユーザーに焦点を当てていた。Appleはその後Android向けApple Musicアプリの提供も始めた。

 いずれにしても、Amazon.comが新たな音楽配信サービスを立ち上げるのであれば、同社として2番目の単体デジタルメディア・サブスクリプションサービスになるとRecodeは伝えている。

 Amazon.comは今年4月、米国で提供しているPrimeに新たな料金プランを追加した。Primeの米国における料金プランはそれまで、年額99ドルの1つだけだったが、これに月額10.99ドルのプランを設け、併せて映画やテレビドラマが見放題になる「Prime Video」のみが利用できる月額8.99ドルのプランも用意した(関連記事:Amazon.com、「Prime」に月額プラン追加、ビデオサービスのみのプランも)。