PR

 米Twitterは現地時間2016年8月30日、動画広告プログラム「Amplify Publisher Program」の拡大を発表した。個人のビデオクリエーターが、自作コンテンツによって手軽に広告料を獲得できるよう支援する。

 今回のプログラム拡大では、米国のビデオクリエーターを対象にする。動画を投稿する前にチェックボックスにチェックを入れると、投稿コンテンツが再生される前にビデオ広告が表示され、広告料が分配される。

 同プログラムはこれまでに「MTV」「Time」「Mashable」「Fox」など一部メディアが導入している。これらメディアに対するのと同様、広告収入の分配率はクリエーターが70%、Twitterが30%になるという(米Wall Street Journalの報道)。

 クリエーターは、投稿するビデオごとに、あるいは投稿するすべてのビデオに対してプレロール広告を許可するか選べる。Twitter以外のプラットフォームで公開しているのと同じコンテンツを使用してもかまわない。

 なお、同プログラムの広告料分配が適用されるのは、Twitterに投稿するコンテンツのみで、「Vine」や「Periscope」は含まれない(米Re/code)。

 またTwitterは、ビデオクリエーター向けプロダクトの強化について明らかにした。従来の「video.twitter.com」に代わる新サービス「Media Studio」は、ビデオ投稿に関するすべてのツールやリソースへのアクセスを提供し、メディアのアップロード、管理、公開の効率化を支援する。

 解析アプリケーション「Twitter Engage」には「Earnings」タブを追加し、Twitterだけでなく、昨年買収した米Nicheのプログラムによる広告収入を追跡できるようにした。

[発表資料へ]