PR
写真●Samsung Gear S3 frontier
写真●Samsung Gear S3 frontier
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronicsは、国際コンシューマー・エレクトロニクスショー「IFA 2016」が開催されるドイツのベルリンで現地時間2016年8月31日、腕時計型ウエアラブル端末(スマートウオッチ)の新モデル「Samsung Gear S3」を発表した。

 前モデル「Samsung Gear S2」と同様に丸い文字盤で、1.3インチのSuper AMOLEDディスプレイ(解像度は360×360ドット、278ppi)を搭載する。1.0GHzのデュアルコアプロセッサを内蔵し、OSは「Tizen Based Wearable Platform 2.3.2」を採用する。

 本体サイズは46×49×12.9mm。デザインはアウトドア向けの「frontier」とエレガントな「classic」の2種類で、よりアナログ腕時計のような外観になった。

 IP68等級の防水・防塵機能、GPS機能、内蔵スピーカーを備える。MST(磁気セキュア伝送)およびNFC(近距離無線通信)をサポートし、モバイル決済「Samsung Pay」を利用できる。Bluetooth 4.2とWi-F(IEEE 802.11b/g/n)に対応し、frontierはLTE通信をサポートする。

 内蔵ストレージは4Gバイト、メモリーは768Mバイト。バッテリー容量は380mAhで、1度の充電による連続駆動時間は最大4日間という。無線充電に対応する。

 回転式のベゼルは機能を拡充し、通話の受信/拒否や、アラームのスヌーズ設定が行える。ディスプレイ上に書いた文字をテキスト変換したり、「Reminders」アプリケーションでリマインダーやTo-DOリストを作成したりできる。

 SamsungはGear S3の価格やリリース時期について明らかにしていないが、米Forbesは2016年第4四半期にリリースする予定と報じている。

[発表資料へ]