PR

 米Amazon.comは現地時間2016年9月7日、米国で提供しているレストラン料理の配達サービス「Amazon Restaurants」を、英国ロンドンでも始めたと発表した。同日よりロンドンの21の郵便番号がカバーするエリアでサービスを開始しており、150店余りの飲食店が参加している。

 Amazon Restaurantsは、有料プログラム「Amazon Prime」の会員向けに提供している、最短1時間で商品を配達する「Prime Now」の一環として提供する。

 Amazonが無償で配布しているPrime Nowアプリに郵便番号を入力すると、その地域がサービス対象になっている場合、アプリのトップページに「Amazon Restaurants」が表示される。利用者がメニューを選んで注文すると、Amazonの配送ドライバーが店で料理を受け取って顧客に配達する。注文してから料理が届くまでの時間は1時間以内。1回の注文の最低金額は15ポンド(約2000円)で、すべての注文の配達料は無料となる。

 また料理にはサービス料を加えた特別価格などは設定しない。もし顧客がAmazonで注文した料理の価格が、レストランのオンラインメーニューに表示されている通常価格より高いと気付いた場合は、注文から24時間以内であれば返金するとAmazonは説明している。

 同社は昨年9月に米国でAmazon Restaurantsを開始した。当初のサービス対象地域は同社の本社がある米ワシントン州シアトルだけだったが、その後、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、ポートランド、シカゴ、マンハッタン、ダラス、オースティン、アトランタ、マイアミなどに拡大した。これらの地域でも配達までの所要時間は1時間以内だが、Amazonはこれまでの平均配達時間は約45分と説明している(関連記事:競争激化するレストランの料理配達サービス、Amazon.comが地域拡大)。

[発表資料へ]