PR

 NTTデータグローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2016年11月2日、欧州SAPのERP(統合基幹業務システム)パッケージ「SAP S/4HANA」を最短3カ月で導入するサービスを提供すると発表した。米アマゾン・ウェブ・サービスのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」上に、S/4HANAを利用した会計システムを構築する。

 サービス名は「Global BMT StartPack for SAP S/4HANA」。NTTデータGSLが以前から提供していた製造業・専門商社向けのテンプレート「Global BMT」を活用したり、インフラストラクチャーとしてAWSを採用したりすることで、導入を短期化する。

 Global BMTは財務会計、管理会計、販売、生産、購買、在庫などの業務向けの導入を支援するテンプレート。各業務を実現するために必要なパラメーター設定やアドオン(追加開発)ソフトをセットにしている。Global BMT StartPack for SAP S/4HANAは、Global BMTに加えて、AWSの運用設計・実装などのノウハウをサービスとしてまとめた。

 導入費用は5000万円から。費用にはS4/HANAの5ユーザー分のライセンスや導入費用、導入後1年間の保守・運用サポート費用とインフラ利用料などが含まれている。NTTデータGSLは、製造、流通・卸売、サービス業に向けGlobal BMT StartPack for SAP S/4HANAを販売していく。

 NTTデータGSLはNTTデータグループでSAP関連の製品・サービスの導入を専業とするITベンダー。NTTデータグループの国内子会社に在籍するSAP関連の技術者を集約して2012年7月に設立した。