PR

 TSUTAYAは2016年11月9日、動画配信サ-ビス「TSUTAYA TV」における4Kテレビ向け動画コンテンツのトライアル配信を同日から実施したと発表した。LGエレクトロニクス製2016年モデルの4Kテレビを皮切りに、サービス提供を開始する。

 TSUTAYAは、2015年8月末に動画配信サービスを一新している。DVDやCDが借り放題の「TSUTAYA DISCAS」で提供していたネット宅配レンタルサービスをベースに動画見放題サービスも付け加えて「動画見放題」+「ネット宅配レンタル」を提供している。

 この「動画見放題」サービスでは、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上のメディア配信基盤である「Azure Media Services」を採用した。PCやタブレット、スマートフォンなど各デバイスに合わせたマルチプロトコルでの配信を可能とし、マルチデバイス対応を実現している。

 TSUTAYAは、4K配信についても「Azure Media Services」を引き続き採用して映像のエンコードおよび配信を行うことにした。4K対応については、全体のデータサイズが大きくなるため、配信システムやネットワークの負荷が高くなるなどの課題がある。Azure Media Servicesを活用することで、「4Kコンテンツにおいても著作権保護機能や、マルチデバイス向け配信機能を低コストで実装できることから、今回の4Kコンテンツの視聴において追加料金が不要というビジネスモデルを実現することが可能になった」と評価した。

 TSUTAYAと日本マイクロソフトは、今回のトライアル配信を経て、ユーザーの4K動画に対するニーズを測りたいと考え。将来的には本格サービス展開の開始を目指していく。

[発表資料へ]