PR

 NTTドコモとディー・エヌ・エー(DeNA)は2016年11月11日、自動運転車両の遠隔管制における第5世代移動通信方式(5G)の活用に向けた実証実験を共同で推進することを発表した。運転手のいない自動運転車両と遠隔地のオペレーターを5G無線技術でつないで遠隔管制を行う。

 NTTドコモは、これまでLTEや5Gを活用して自動車とあらゆるモノをつなげる通信について研究・開発を推進している。DeNAは自動運転技術や最先端のインフラなどを組み合わせた「モビリティーサービスプロバイダー」として、エンドユーザーにサービスを届ける事業に取り組んでいる。

 5G無線技術に関するNTTドコモのノウハウと、自動運転技術を活用したモビリティーサービス設計におけるDeNAのノウハウを組み合わせ、遠隔地からの自動運転車両の監視や乗客へのサポートなど、5Gを用いてより安心・安全に自動運転を利用するためのサービスを可能にすることで、自動運転技術の実用化に貢献する。

 実証実験の第1弾として、自動運転車両にカメラを設置し、走行中に撮影した車両周辺の高精細映像を5G無線技術を用いて伝送する実験を11月から開始する。「ドコモR&Dセンタ」(横須賀市)で11月17~18日に開催するイベント「DOCOMO R&D Open House 2016」において、DeNAの無人運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」に搭載したカメラの映像を5Gで伝送するデモを実施する。

NTTドコモのWebサイト
DeNAのWebサイト