PR

 米Microsoftと非営利組織Linux Foundationは現地時間2016年11月16日、MicrosoftがLinux Foundationのメンバーシップの最高クラスである「Platinum」メンバーとして加盟したと発表した。「Microsoft Azure」チームのアーキテクトであるJohn Gossman氏は、Linux Foundationのボードメンバーとなる。

 Linux FoundationのJim Zemlinエグゼクティブディレクターは、「Platinumメンバーになることにより、Microsoftはオープンソースコミュニティといっそう協力し、より多くの人々に革新的なモバイルおよびクラウド体験を提供できる」と述べた。Microsoftはこれまで「Node.js Foundation」「OpenDaylight」「Open Container Initiative」「R Consortium」「Open API Initiative」といったLinux Foundationのプロジェクトに貢献している。

 Linux FoundationにはMicrosoftのほか、富士通、米Cisco Systems、米Hewlett Packard Enterprise(HPE)、米IBM、米Intel、中国Huawei Technologies(華為技術)、NEC、米Oracle、米Qualcomm、韓国Samsung ElectronicsがPlatinumメンバーとして参加している。

 またMicrosoftは同日、「SQL Server on Linux」の公開プレビュー版をリリースし、Linuxに対応した「Azure App Service」のベータ提供を開始した。

 さらに「Visual Studio for Mac」のプレビュー版を発表したほか、米Googleが.NET Foundationに参加すること、韓国Samsung ElectronicsとSamsungデバイス向け.NETアプリケーション構築支援で協力することなどを明らかにした。

[発表資料(Microsoftのプレスリリース)]
[発表資料(Linux Foundationのプレスリリース)]