PR

 ローソンとパナソニックは2016年12月12日、次世代型コンビニエンスストアの実験店舗「ローソンパナソニック前店」(大阪府守口市)において、精算と袋詰めを自動化したセルフレジ機「レジロボ」の実証実験を開始した。将来的には、商品のバーコードスキャンも不要にする予定である。

自動セルフレジ機「レジロボ」の概要
自動セルフレジ機「レジロボ」の概要
(出所:ローソン、パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 レジロボは、顧客自身がバーコードをスキャンした商品を、専用バスケットに入れて専用レジに置くだけで、自動的に精算して袋詰めするシステムである。これにより、店員がレジで商品のスキャンや袋詰めをする必要がなくなり、レジ業務を省力化できる。

 2017年2月には実験を一歩進めて、バーコードスキャンの代わりにRFIDを使って商品スキャンを自動化する実験を始める。バーコードラベルの代わりに商品にRFIDタグを付ける必要があるが、商品情報を自動的に読み取ることが可能になる。

 レジロボは、パナソニックが開発した機器。経済産業省から補助を受けた「平成28年度ロボット導入実証事業」に採択されている。