PR

 米Amazon.comは現地時間2017年1月4日、同社の「Fulfillment by Amazon(FBA)」サービスを利用した、2016年における全世界の商品配送個数が20億個を超え、過去最高を更新したと発表した。

 FBAは外部小売業者に代わり、Amazonが商品の保管と配送業務などを行うサービス。米The Seattle Timesによると、同社は昨年初頭、FBAを利用した2015年の商品配送個数が約10億個になったと発表していたが、2016年はその約2倍を達成した。

 また、AmazonはFBAを利用する外部小売業者の数が2016年に約70%増加したことも明らかにした。これら小売業者商品の米国外における配送個数は約80%増えたという。このほか同社によると、AmazonのFBAを利用している小売業者は世界130カ国以上におり、これら業者の商品は世界185カ国の顧客に販売されている。

 こうしたサードパーティーの小売業者は、Amazonのeコマース事業にとって重要度が増しており、同社はできるだけ多くの業者にFBAを利用してもらいたいと考えだと米CNETの記事は伝えている。外部の小売業者は登録後、Amazonの倉庫に商品を納入することで、自社商品をAmazon Primeの対象にすることができる。顧客からの注文が入るとAmazonが業者に代わり梱包と配送などを行う。Amazonはこれらにかかる在庫保管手数料と配送代行手数料を受け取っている。

[発表資料へ]