PR

 KDDIは2017年1月25日、パブリッククラウド「Amazon Web Services(AWS)」を基盤にシステム開発や運用保守を手掛けるアイレットの株式の過半を2月下旬までに取得し、子会社化すると発表した。取得株式数や取得価格は非開示としている。KDDIはアイレットを傘下に置くことで、クラウドを活用した法人向けサービスの拡充に弾みを付ける。

 KDDIは法人事業の新たな軸として、顧客のIoT(インターネット・オブ・シングズ)ビジネス参入を支援するサービスを相次いで投入している。IoTに特化した無線通信サービス「KDDI IoTコネクト Air」や、IoT事業向けのクラウド開発基盤「KDDI IoTクラウド Creator」などだ。そこにアイレットのノウハウを組み合わせることで、IoTビジネスの企画立案から必要なシステムの設計開発、運用保守まで一気通貫の支援体制を整える。このほかAWSを使うSI事業にもアイレットのノウハウを活用し強化していくと見られる。

 アイレットは日本上陸直後からAWSを使ったシステム開発・運用サービスを展開する独立系SIベンダー。AWSを基盤としたSIを手掛ける「コンサルティングパートナー」のうち、国内で7社しかいない最上位「プレミア」の取得ベンダーの1社。