PR

 NTTデータは2017年1月25日、全社で利用するシステム開発環境をクラウド上に集約すると発表した。自社のデータセンターから提供する開発環境「統合開発クラウド」の運用を4月に開始。2019年3月をめどに、国内の全グループ企業が手掛ける新規の開発プロジェクトで100%の利用率を目指す。

 統合開発クラウドは、システム基盤に必要なハードウエアやソフトウエアをあらかじめ用意し、製品調達の工数削減を図る。同社によれば、2~3カ月必要だった製品調達などの期間を短縮し、基盤構築を1日以内に短縮できるという。システム基盤に必要な、ハードやソフトは、米デルテクノロジーズや米レッドハット、米オラクル、富士通など複数のベンダー製品を用意する。

NTTデータが2017年4月に運用開始するシステム開発環境「統合開発クラウド」の概要図
NTTデータが2017年4月に運用開始するシステム開発環境「統合開発クラウド」の概要図
(出所:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリケーション開発のフレームワーク、開発工数の短縮に必要な自動化ツール、継続的インテグレーション(CI)ツールなどもクラウド上から利用できる仕組みを構築。プロジェクトの進捗管理を支援するツールも集約した。

 これまでNTTデータは、開発の自動化を支援する狙いで、フレームワークやツール群を提供するソリューション「TERASOLUNA」、開発ツール「Altemista」などを社内で運用してきた。統合開発クラウドでは、これらの製品も利用できるようにし、開発の生産性向上を加速させる考えだ。