PR

 イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)とConnected Design(コネクティッドデザイン)は2017年1月25日、民泊事業者向け支援サービスの提供を2月1日に開始すると発表した。このサービスでは、インターネット経由での鍵の開閉や権限付与、カメラでの入退出確認などができるIoT機器と、鍵の受け渡しの手間を取り除いて運営を効率化させるシステムをセットにして提供する。

 イッツコムの「インテリジェントホーム」で提供しているIoT機器の「スマートロック(電子錠)」と「IPカメラ」を、各戸に設置。民泊事業者はコネクティッドデザインが提供する管理システム「Connected Portal」を用いて、これらの機器をインターネット経由で操作する。「Connected Portal」を通じて民泊事業者は、利用者に鍵(スマートロック)の権限をメールで送付できる。

 イッツコムとコネクティッドデザインは2016年8月からの3カ月間、沖縄県内で「インテリジェントホーム」サービスの提供を開始している沖縄ケーブルネットワークを通じて、民泊運営の負担軽減と効率アップを検証するための実証実験を実施していた。沖縄県に加えて京都府内および東京都内の民泊物件を管理する事業者と順次契約を結び、2017年2月1日より3都府県でこのサービスを本格的に開始することにした。

 イッツコムとコネクティッドデザインは2018年春までに、沖縄県内で今回のサービスの1000戸への導入を、京都府内と東京都内においては合計1000戸への導入を予定する。今後、全国規模での民泊支援サービスとしての展開を予定する。

[発表資料(PDF)へ]