PR

 NECネッツエスアイとFIXERは2017年1月26日、日本マイクロソフトが提供するパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」上で、IoT(インターネット・オブ・シングズ)向け基盤サービス「IoTプラットフォームサービス on Azure」を共同開発し、2017年4月から提供すると発表した。

IoTプラットフォームサービス on Azureのサービス概要
IoTプラットフォームサービス on Azureのサービス概要
(出所:NECネッツエスアイとFIXERのプレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 同サービスはAzure上のIoT関連PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)を活用し、IoT機器からのデータ収集、機械学習サービスなどによるデータ分析、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールによる分析結果の可視化といった機能を提供する。参考価格は機器数が500台未満のEntryプランが月額8万円から。

 IoT機器に取り付けた各種センサーデータは、NECネッツエスアイが提供する法人向けモバイルネットワークサービス「ネッツワイヤレス」を使い、無線通信でゲートウエイに収集し、Azure上に転送する。NECネッツエスアイはIoTプラットフォームサービス on Azureと同じ2017年4月に、Azureに閉域接続できるオプションサービス「ネッツワイヤレス ダイレクトアクセス for Azure」も提供開始する。

 運用監視には、FIXERが提供するAzureの導入設計、構築、運用のためのフルマネージドサービス「cloud.config」を活用する。NECネッツエスアイ、FIXER、日本マイクロソフトは今後、Azureを使ったIoT活用ソリューションの展開に向けたサービス開発、マーケティング活動を共同で推進、展開する。