PR

 米Microsoftが現地時間2017年1月26日に発表した2017会計年度第2四半期(2016年10~12月)の決算は、「Azure」や企業向け「Office 365」の需要増がけん引し、増収増益となった。

 米国会計原則(GAAP)ベースの売上高は240億9000万ドルで前年同期比1%増加した。純利益は同4%増の52億ドル、希薄化後1株当たり利益(EPS)は同6%増の0.66ドル、営業利益は同3%増の61億7700万ドルだった。

 繰延収入などを調整した非GAAPベースの場合、売上高は前年同期比2%増の260億6600万ドル、純利益は同6%増の65億1500万ドル、希薄化後EPSは同9%増の0.83ドル、営業利益は同5%増の81億5300万ドルとなる。

 米Wall Street Journal(閲覧には有料登録が必要)によると、アナリストらは特別項目を除いた売上高を253億ドル、EPSを0.79ドルと予測していた。

 事業別区分ごとの業績を見ると、Officeを含む「Productivity and Business Processes」の売上高は73億8200万ドルで、前年同期比10%増加した。企業向けOffice製品およびサービスによる売上高が同5%増え、中でも法人向けOffice 365は同47%成長した。消費者向けOffice製品およびサービスは同22%増収し、Office 365のサブスクリプション総数は2490万人となった。Dynamics製品およびサービスの売上高は同7%増加した。

 企業向けソフトウエアおよびサービスを含む「Intelligent Cloud」の売上高は68億6100万ドルで、前年同期から8%増加した。サーバー製品およびクラウドサービスの売上高は同12%増加し、Azureの売上高は同93%急増した。

 Windowsライセンス、モバイル端末、「Xbox」関連、検索サービスを含む「More Personal Computing」は売上高が118億2300万ドルで、前年同期から5%減少した。WindowsのOEMの売上高が同5%増、トラフィック獲得費用(TAC)を除いた検索広告の売上高が同10%増だったのに対し、ゲーム関連の売上高は同5%減少した。米VentureBeatの情報によると、「Surface」関連の売上高が2%減り、携帯電話関連が81%減少したという。

 またMicrosoftは、先月買収した米LinkedInについて、手続き完了(12月8日)以降の売上高が2億2800万ドル、純損失が1億ドル(1株当たり0.01ドル)であることも明らかにした。

[発表資料へ]