PR

 Z会は2017年1月30日、通信教育の運用システムにシステム障害が発生し、一部の通信教育コースでサービスを提供できなくなったと発表した。同社は該当するコースについて、2017年度の新規申込を停止している。

Z会がWebサイトに掲載したお詫び文
Z会がWebサイトに掲載したお詫び文
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスや教材を提供できなくなったのは、「幼児コース(新年少~年長)」「小学生コース(新小1~小6)」「中学受験コース(新小3~6)」「小学生タブレットコース(新小3~小5)」「中学生コース(高校受験コース・中高一貫コース)」「高校生コース(中高一貫コース・公立高校コース・大学受験コース)」。2017年度の教材やサービスを、1月30日時点で提供できていない。

 このうち、中学受験コース、小学生タブレットコース、中学生コース、高校生コースについては、「2017年4月の再開を目指している」とする。通信教育コースを学校や塾などを通じて提供するサービスも同じ状況にあり、4月の再開を目指す。2016年度の既に受講済みのコースについては、教材や通信教育サービスを通常通り提供するという。

 Z会は規定の教材を提供できない期間について、無償で代替の教材を提供するよう準備を進めていると表明。また2017年1月11日以降、手続き書類、入館案内などの一部資料を発送できていないことも明らかにした。

 同社は今回のシステム障害について、新システムへの移行にともなう技術的なトラブルであり、サイバー攻撃やウイルスなどによるものではなく、情報漏洩などの被害もない、としている。