PR

 NECソリューションイノベータは2017年1月31日、ユーザー企業が実施したストレスチェックの結果をもとに、企業がとるべき改善策などを提示するサービス「NEC 職場環境改善支援サービス」を発表した。SaaS型クラウドサービスの形態で2017年4月に提供開始する。

NEC 職場環境改善支援サービスのクラウドサービス画面
NEC 職場環境改善支援サービスのクラウドサービス画面
(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]
クラウドサービス画面(取るべき行動や参考になる事例を表示)
クラウドサービス画面(取るべき行動や参考になる事例を表示)
(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 企業は現在、ストレスチェックと呼ぶ、職場環境のストレス状態を社員へのアンケートなどによって調べる活動に取り組んでいる。今回提供するクラウドサービスは、企業が実施したストレスチェックの分析結果をWebフォームから入力して使う。企業の職場環境の状況に合わせて改善策のアドバイスが得られる。

 具体的には、改善活動で実施すべき項目の一覧をチェックリスト形式で提供する。定期的にミーティングを実施するべきなど、企業が取るべき行動も指南する。職場のメンバーへの通知文や説明資料などの各種サンプルも提供する。また、参考になる事例を、厚生労働省が提供する事例や他のユーザー企業が登録した事例からピックアップして表示する。

 クラウドサービスは年間契約制で、契約期間中は何回使っても構わない。価格(税別)は、ストレスチェック結果を登録して分析するグループの数によって変わり、最小契約単位である1グループで年額9万6000円、ボリュームゾーンである20グループで年額29万4000円。クラウドサービスとは別に、コンサルタントが改善活動を支援する有人サポートサービスも提供可能。

 Webフォームの入力項目は、記事執筆現在で全19種類で以下の通り。それぞれに点数を付けて入力する。「量的負担」「質的負担」「身体的負担」「対人関係」「職場環境」「裁量度」「技能の活用」「適正」「働きがい」「上司支援」「同僚支援」「職場外支援」「満足度」「活気」「イライラ度」「疲労感」「不安」「抑うつ」「身体愁訴」。