PR

 KDDI、KDDIまとめてオフィス中部、大日コンサルタント、GISupplyの4社は2017年1月31日、除雪車の位置情報を管理するサービスの商用化に向けた実証実験を開始すると発表した。2017年2月上旬から、公益財団法人岐阜県建設研究センターの協力の下、岐阜県下呂地域で実験する。

除雪車の位置情報管理サービスの商用化に向けた実証実験の概要
除雪車の位置情報管理サービスの商用化に向けた実証実験の概要
(出所:KDDI、KDDIまとめてオフィス中部、大日コンサルタント、GISupply)
[画像のクリックで拡大表示]

 除雪車に搭載したGPS(全地球測位システム)端末の位置情報を、IoT(インターネット・オブ・シングズ)向けの無線通信技術で低消費電力と長距離伝送が特徴のLoRaWANを使って収集する。LoRaWANのゲートウエイ(ルーター)は、収集した位置情報をモバイルデータ通信を介してクラウドに転送する。クラウド上では、除雪車の位置情報をリアルタイムに地図上で把握できる。

走行中の除雪車の位置情報を地図上でリアルタイムに把握できる
走行中の除雪車の位置情報を地図上でリアルタイムに把握できる
(出所:KDDI、KDDIまとめてオフィス中部、大日コンサルタント、GISupply)
[画像のクリックで拡大表示]

 実験では、除雪車の利用効率と除雪効果を検証する。LoRaWANで通信品質を確保できるエリアを検証するほか、LoRaWANのゲートウエイの適切な台数や配置位置を検証する。気温が低い状況下での電力消費量と電源耐久性も検証する。

 走行中の除雪車の位置情報をリアルタイムに管理することによって、積雪状況に応じた除雪作業を適切に指示できるようにする。除雪車の利用効率と除雪効果の向上を図る。LoRaWANを使う狙いは、GPS端末の電力消費を抑えつつ、より広域な範囲で除雪車の位置情報を把握することである。

 LoRaWANのゲートウエイは、KDDIが提供するIoT向けモバイルデータ通信サービス「KDDI IoTコネクト Air」のSIMを使ってクラウドにデータを転送する。クラウド上で除雪車の位置情報をリアルタイムで管理するWebアプリケーションは、GISupplyが開発した「ezFinder BUSINESS」を使う。