PR

 SAPジャパンとマップアール・テクノロジーズ(MapR)、レノボ・ジャパンの3社は2017年1月31日、Hadoopでのビッグデータ解析を容易にするレファレンスアーキテクチャーを発表した。SAPのインメモリー処理製品で構築した基幹系システムと、MapRの高速なデータ処理製品を組み合わせる。SAPジャパンとMapR、レノボの共通パートナーを通じて、ホワイトペーパーを無償で提供する。

SAPジャパンとマップアール・テクノロジーズ、レノボ・ジャパンが発表したHadoopでのビッグデータ解析を容易にするアーキテクチャーの仕組み
SAPジャパンとマップアール・テクノロジーズ、レノボ・ジャパンが発表したHadoopでのビッグデータ解析を容易にするアーキテクチャーの仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

 3社が発表したアーキテクチャーは、質の異なるシステムから得た大量データを高速に分析するシステムを構築するためのもの。会計や在庫管理といったSoR(システムズ・オブ・レコード)と、スマートフォンやSNSを介して消費者にサービスを提供するシステム群であるSoE(システムズ・オブ・エンゲージメント)を連携する。3社は同アーキテクチャーを開発するに当たり、SoRとSoEを想定したシステムを構築、両者を連携させて動作状況を検証した。

 動作検証に当たっては、各社のソフト、ハードを組み合わせた。使用した主な製品は、SAPのインメモリーデータベース「SAP HANA」と、HANAとHadoopを連携させるソフトである「SAP HANA Vora(ハナ ボーラ)」、MapRのビッグデータの高速分析ソフト「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」、レノボのHANA搭載アプライアンスである「Lenovo System x Solutions for SAP HANA」など。

 SAPらは、公開したアーキテクチャーに基づいてシステムを構築することで、ユーザー企業が同じ製品を使って一からシステムを構築する場合に比べて、期間やコストを削減できるという。