PR

 NTT東日本は2017年2月1日、HEMSサービス「フレッツ・ミルエネ」の追加機能として、家庭用エアコン、電動窓シャッター、エコキュートなどの家電機器を自動で制御可能な「シナリオ機能」の提供を開始したと発表した。

 この機能により、温度/湿度/照度、スマートフォンが自宅Wi-Fiの圏内/圏外、時間や曜日などの条件から、ユーザー自身が決めたシナリオに基づいて家電など各種の家庭内機器を自動制御することが可能になる。「身近なIoTサービスとして暮らしをより快適にサポートする」という。

 例えば、「自宅の室温が下がったらエアコンを停止することで節電を実現」「外出したら消灯する」などが実現できる。後者は、Wi-Fiの接続が圏外になると外出したと判断する。

 併せて、グラモの赤外線対応学習リモコン「iRemocon」と連携することで、従来のECHONET Lite対応家電に加え、赤外線対応機器(照明やテレビなど)の遠隔操作や自動制御が可能になったことも発表した。

 今後は、電気料金比較機能の提供を2017年3月に予定する。計測した時間ごとの電力消費量をもとに、各社の電気料金プランに適用した場合の料金を算出し、比較する。

[発表資料へ]