PR

 ソースコード共有サービス「GitLab.com」を運営する米ギットラボは2017年1月31日(現地時間、以下同じ)、サービスの本番データを操作ミスで削除した。手動で保存していたバックアップデータを使い、2017年2月1日にデータを復元した。

 GitLab.comはソースコードを保存し、開発メンバー同士で共有できるクラウドサービス。ソースコードを開発メンバー以外に非公開にできる「プライベートリポジトリー」が無償で使えるのが特徴だ。サービスと同名のOSS(オープンソースソフトウエア)「GitLab」を公開しており、利用するとコード共有するためのサーバーをオンプレミスに構築できる。

 GitLab.comのWebページによると2017年1月31日、4万7000のIPアドレスからアクセスしていた不審なユーザーによる書き込みによりデータベースの動作が不安定になった。ギットラボは同日、該当ユーザーのアクセスをブロックした上でデータベースの復旧作業を実施したという。

 復旧作業中にエンジニアが操作を誤り、意味のないデータを削除するつもりが本番データを削除した。操作したエンジニアが誤りに気付いて処理を中断した時には、約300ギガバイトあったデータは4.5ギガバイトを残して削除されていた。

 運営チームは復旧作業の前に手動で用意していたバックアップデータを用いてデータを復元し、2月1日には復元作業を完了した。24時間ごとに実施している定期バックアップは機能していなかったという。