PR

 SAPジャパン、ワークスモバイルジャパン、豆蔵の3社は2018年2月2日、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を、SAPジャパンの中堅中小向けERP(統合基幹業務システム)のUI(ユーザーインタフェース)として利用できる機能を開発したと発表した。提供は2018年4月から。

 新機能を利用すると、在庫確認や発注処理といったERPを使って実施する処理を、SAPが提供するUIを利用せずに、LINE WORKSからメッセージを送る形式で実施できる。SAPジャパンは「外出先からERPへのアクセスを簡単にするほか、これまでERPを利用していなかった層にユーザーを拡大したい」としている。

 SAPのERPにメッセージを伝えるチャットボットをLINE WORKSに登録すると新機能が使える。同チャットボットは豆蔵の対話型AI(人工知能)エンジン「MZbot」を使って開発した。MZbotはSAPジャパンのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)「SAP Cloud Platform」上で稼働する。

 新機能を利用できるERPは中堅企業向けクラウドERP「SAP Business ByDesign」と中小企業向けERP「SAP Business One」である。販売はSAPジャパンと豆蔵が共同で進める。新規導入でユーザー企業が希望した場合には、LINE WORKSを使った新機能とSAP Business ByDesignやSAP Business Oneをバンドルした形式で提供する。