PR

 セコムトラストシステムズは2017年2月6日、「セコム安否確認サービス」のオプションとして、メールに加えてLINEで社員にメッセージを通知する機能を追加すると発表した。災害発生時の安否確認や災害情報の伝達手段としてLINEを利用できるようになる。オプション費用(税別)は1社当たり月額5000円で、3月1日から提供する。

セコム安否確認サービスの価格(これに月額5000円を追加すると、メールに加えてLINEでもメッセージを受けられるようになる)
セコム安否確認サービスの価格(これに月額5000円を追加すると、メールに加えてLINEでもメッセージを受けられるようになる)
(出所:セコムトラストシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 セコムトラストシステムズのLINEアカウントから社員のLINEアカウントに対してメッセージを通知するオプションサービスである。基本サービスではメールへの通知となるが、企業単位でオプション料金を支払うことによって、メール通知に加えてLINEによる通知が受けられるようになる。LINEは、メールと比べて通知に気が付きやすい、といったメリットがある。

 通知するメッセージはメールとLINEで共通である。具体的には、災害発生時には、メールとLINEの両方に、安否確認のためのメッセージを送る。社員は、メッセージに含まれるURLをクリックしてWebブラウザーを立ち上げ、Web画面上で安否情報を登録する。災害情報サービスも、メールで受け取れる情報と同等の情報をLINEでも受けとれるようになる。

 セコム安否確認サービスの価格は、加入時に必要な初期費用が20万円。基本料金が月額3万円。LINE通知オプションは月額5000円。災害時の安否確認は、社員1人当たり月額20円。災害情報の提供はオプションで、個々の情報ごとに社員1人当たり月額100円。