PR

 IoTプラットフォーム事業者のソラコムは2017年2月7日、IoT向け無線通信規格のLoRaWANを使ったIoT(インターネット・オブ・シングス)向けデータ通信サービス「SORACOM Air for LoRaWAN」を発表した。企業向けに、IoTプラットフォームの「SORACOM」にアクセス可能なLoRaWAN機器(基地局と端末)を販売。LoRaWAN経由でSORACOMを利用できるサービスを提供する。

 2月7日から、SORACOMを利用可能なLoRaゲートウエイ(基地局)とLoRaデバイス(端末)の販売を開始した。LoRaゲートウエイはエイビットの「AL-020」。LoRaWANおよび携帯電話網による通信機能を搭載しており、LoRaWANで接続した端末が送り出したデータを携帯電話網を介してSORACOMに送る。LoRaデバイスは、エイビットの「AL-050」。LoRaWANの通信が可能なArduinoシールド(マイコンボードArduinoの拡張モジュール)である。これらの機器はSORACOMのユーザーコンソールから発注できる。3月から順次、発送する予定。

写真1●LoRaゲートウエイ「AL-020」
写真1●LoRaゲートウエイ「AL-020」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●LoRaデバイス「AL-050」
写真2●LoRaデバイス「AL-050」
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスは月額課金で、利用料はLoRaゲートウエイのけ携帯データ通信料、SORACOM Air for LoRaWAN利用料、料金と同額分のSORACOMアプリケーションサービス(Beam/Funnel/harvest)利用料が含まれる。

 SORACOM Air for LoRaWANには、LoRaゲートウエイの設置形態が異なる2種類のサービス品目がある。一つは「所有モデル」。LoRaゲートウエイは、自社専用として購入する。もう一つは「共有サービスモデル」。ソラコム所有で誰でも利用可能なLoRaゲートウエイを、利用企業に設置する。この共有ゲートウエイの設定スポット情報は、ソラコムのWebサイト内に「SORACOM LoRa Space」として2月下旬に公開予定。2月7日時点で、共有ゲートウエイは11カ所に設置予定である。ソラコムの玉川憲代表取締役社長は、「当社は電波資源を無駄なく使っていきたいと考えている。そのためには、ゲートウエイを皆で共有して、互いによりよい形で使えるようにしようと考えた。LPWAのシェアリングエコノミーという考え方だ」と共有サービスモデルを用意した経緯を説明した。

写真3●ソラコムの玉川憲代表取締役社長
写真3●ソラコムの玉川憲代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 LoRaゲートウエイの価格とサービス料金は、共有サービスモデルの方が安い。所有モデルは、LoRaゲートウエイが1台6万9800円。月額利用料金は、ゲートウエイ1台あたり月額3万9800円、2台目以降は1台あたり2万9800円となる。共有サービスモデルは、LoRaゲートウエイは1台2万4800円。月額利用料金はゲートウエイ1台あたり9800円。

 LoRaデバイスは1台7980円だが、キャンペーンとして個数限定(具体数は非公開)、先着順で1台4980円で販売する。