PR

 JOCDNは2018年2月7日、英Yospace TechnologiesおよびブライトコーブのSSAI(Server-Side Ad Insertion)ソリューションと連携したインターネットライブ配信を実施、JOCDNが提供するCDN(Content Delivery Network)サービスとの相互接続性実証が完了したと発表した。

 SSAIは、インターネット配信における広告挿入技術の一つで、サーバー側で広告を挿入する。プレーヤー(クライアント)側で広告を挿入する方式(CSAI:Client-Side Ad Insertion)と比べて、よりスムーズな広告掲示が可能となる。

 今回の相互接続性実証により、配信事業者がYospace社やブライトコーブのSSAI技術を利用する際は、最小限の検証でJOCDNのCDNサービスを利用できる。

 例えば、2018年1月に実施された第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)のインターネットライブ配信(配信事業者はTBSテレビ)において、JOCDNのCDNサービスが採用され、Yospace社のSSAI技術を活用したインターネットライブ配信が実施された。

 JOCDNは、インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本テレビの合弁会社として2016年12月1日に設立された。現在は、IIJと民放15社が出資している。社名のJOCDNの由来は、日本の放送局に割り当てられるコールサインの頭文字である「JO」と「CDN」を組み合わせたものである。

[発表資料へ]