PR

 NTTドコモは2017年2月8日、インターネットを介したスポーツのライブ配信サービス「DAZN(ダゾーン)」の提供元と組み、「DAZN for docomo」を始めると発表した。料金はドコモの契約者が月額980円と、DAZNの既存サービスより割安にした。ドコモは契約者向けの付加価値サービスと位置付け、早期に100万人の新サービス利用者獲得を目指す。

DAZNを運営するジェームズ・ラシュトンCEO(中央左)とNTTドコモの吉澤和弘社長(同右)
DAZNを運営するジェームズ・ラシュトンCEO(中央左)とNTTドコモの吉澤和弘社長(同右)
[画像のクリックで拡大表示]

 「NTTドコモはこれまで、映像、音楽、雑誌などのデジタルコンテンツの楽しみ方を多様化してきた。次はスポーツ観戦を多様化する」。吉澤和弘社長は、新サービスの意義をこう述べた。

 新サービスは2月15日に提供を始める。DAZNは国内外のスポーツをスマートフォンやPCなど様々なネット機器で視聴できるサービス。配信するのはJリーグのリーグ戦や独ブンデスリーガなどのサッカー、広島東洋カープや横浜DeNAベイスターズ、米MLBなどの野球、バレーボールのVリーグなど国内外130以上、年間6000試合。ビリヤードなどの珍しい競技の試合も配信する。

スマホなど様々な機器で視聴できる
スマホなど様々な機器で視聴できる
[画像のクリックで拡大表示]

 DAZNは2016年8月に日本でのサービスを始めた。既存サービスとドコモの新サービスの違いは料金のみ。ドコモの契約者の料金は月額980円と「1000円でおつりが来る」(吉澤社長)水準に抑えた。同社の動画配信サービス「dTV」を合わせて契約すると両サービスの料金の合計から200円割り引いて月額1280円で両サービスを利用できる。