PR

 SAPジャパンは2017年2月8日、IoT(インターネット・オブ・シングズ)デバイスのデータを収集して活用するためのソフトウエア製品として、「SAP Connected Goods」と「SAP Dynamic Edge Processing server」の2製品を発表した。いずれも同日提供を開始した。

 SAP Connected Goodsは、自動販売機や業務用冷蔵庫などの機器をリモートで監視するクラウドサービスである。これらの装置がどのように使われているかを把握できる。BI(ビジネスインテリジェンス)サービスのSAP BusinessObjects Cloudと組み合わせればダッシュボードを作成できる。

 自動販売機の商品が足りなくなった場合に、あらかじめ設定したルールに基付いて商品を補充するためのアラートを出す、といった使い方もできる。

 SAP Dynamic Edge Processing serverは、重要なデータだけをクラウドに転送し、他のデータはデータが発生した場所でローカルで処理する“エッジコンピューティング”を実現するためのミドルウエアである。

 機能の構成要素として、ローカルでデータを処理する基盤、ローカルストレージ、データ量を削減する機能、データを同期させる仕組み、データベースなどを組み合わせている。

 SAP Connected GoodsとSAP Dynamic Edge Processing serverは、組み合わせて利用できる。