PR

 大日本印刷(DNP)は2017年2月10日、ICカード決済を導入している小売店向けに、電子マネーやクレジットカード、共通ポイントといった複数の決済サービスへの接続を仲介するゲートウエイサービス「DNPマルチペイメントサービス」の提供を始めた。店舗が決済サービス事業者と個別に回線を接続する必要がなくなるため、各種の決済サービスを短期間で導入できる。

DNPマルチペイメントサービスの概要
DNPマルチペイメントサービスの概要
(出所:大日本印刷)
[画像のクリックで拡大表示]

 単独のゲートウエイを介して複数の決済サービス事業者に接続できるサービス。店舗はゲートウエイサービスの契約と同時に、複数の決済手段が使えるようになる。店舗とゲートウエイサービスとの接続手段も問わず、インターネットVPNやIP-VPN、専用線など各種の手段を使える。

 決済処理業務の負荷も減るという。売り上げの集計や請求予定データの確認など、接続先の決済サービス事業者ごとに必要な決済情報の処理を、ゲートウエイ上で一元管理する。決済情報はPCIDSSに準拠したDNPの柏データセンターで集約管理するため、セキュリティーが高いという。

 ICカード情報を読み取る端末は、現状では店舗に設置した既存のPOS(販売時点情報管理)端末とICカードリーダーを使う。2017年中には専用端末の提供も予定する。専用端末を使うとPOS端末を介することなくICカード情報をゲートウエイに送信できるので、セキュリティーが向上する。

 既に利用する1社が静岡鉄道である。静岡鉄道グループが運営している電車やバスで使える交通系ICカード「LuLuCa」を、静岡鉄道グループの食品スーパー「静鉄ストア」や複合商業施設「新静岡セノバ」でも使えるようにした。これらの店舗からゲートウエイを介してLuLuCaの決済サービスに接続する形である。

静鉄ストアに設置されたLuLuCaのチャージ画面
静鉄ストアに設置されたLuLuCaのチャージ画面
(出所:大日本印刷)
[画像のクリックで拡大表示]
静鉄ストアに設置されたLuLuCaの決済端末
静鉄ストアに設置されたLuLuCaの決済端末
(出所:大日本印刷)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス利用料(税別)は、ゲートウエイに接続する端末ごとに初期費用が4000円、月額8万7000円から。販売目標は関連事業を含めて2020年に20億円。