PR

 日本IBMは2017年3月1日、米IBMでゼネラル・マネージャーを務めるエリー・キーナン氏が4月1日付で代表取締役社長執行役員に就任すると発表した。現社長のポール与那嶺氏は退任する。

4月1日付で日本IBMの代表取締役社長執行役員に就任するエリー・キーナン氏
4月1日付で日本IBMの代表取締役社長執行役員に就任するエリー・キーナン氏
(写真提供:日本IBM)
[画像のクリックで拡大表示]

 キーナン氏は1964年イスラエル生まれ。1986年にレンセラー工科大学を卒業後、プログラマーとして米IBMに入社。直近では米IBMでグローバル・マーケッツ トランスフォーメーション担当のゼネラル・マネージャーを務めていた。2000年から2002年末にかけてIBMアジア・パシフィックのコミュニケーション・セクター担当副社長として、2008年から2009年までは日本IBMのオペレーションズ担当副社長執行役員として、東京勤務を2度経験している。

 現社長の与那嶺氏は3月末で日本IBM、米IBMとも退職するが、4月1日から6月末までは日本IBMの特別顧問を務める。