PR

 米Appleは、iPhoneの2017年モデルにOLED(有機EL)ディスプレーを採用することを決定し、量産に必要となる十分な量の部品をすでに発注したと、米Wall Street Journal(閲覧には有料登録が必要)が現地時間2017年2月28日に伝えた。

 今回の報道に先立ち同紙は、AppleがOLEDディスプレーの研究を行っており、サプライヤーに対し、ディスプレーの試作品を提供するよう依頼したと伝えていた。Appleの製品計画を直接的に知っている関係者らは、Appleはその後、OLEDディスプレーの採用計画を進めることを決定したと話している。

 また、それらの情報筋によると、Appleが2017年に市場投入するiPhoneには、液晶ディスプレーを搭載する2つのモデルと、OLEDディスプレーを搭載する1つのモデルが用意される見通し。このほかにもAppleは新型iPhoneにさまざまな改良を施すが、その中には、電源や周辺機器との接続のためのLightningコネクターに代えて、USB-Cを採用することや、物理的なホームボタンを廃止することが含まれるという。こうした改良により、すでに他社製スマートフォンに搭載されている各種の機能がiPhoneにも備わることになると、Wall Street Journalは伝えている。

 iPhoneの2017年モデルに搭載されるディスプレーについては先ごろ、韓国Samsung Electronics傘下のSamsung Displayが、AppleからOLEDディスプレーを受注したと伝えられたが、今回のWall Street Journalの記事も、当初AppleにOLEDディスプレーを供給するのはSamsungだと伝えている。韓国LG DisplayやジャパンディスプレイもOLED量産工程の構築に取り組んでいるが、まだAppleに供給するための準備ができていないと、事情に詳しい関係者らは話しているという。