PR

 ダイキン工業とソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタルの3社は2017年3月22日、ベルト装着型IoTデバイスを用いてさまざまな職場で働く人のストレス度を計測し、職種や職場環境との関連性を検証する実証実験を7月から開始すると発表した。

(出所:ダイキン工業、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタル)
(出所:ダイキン工業、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタル)
[画像のクリックで拡大表示]

 クリップ状のIoTデバイスをベルトに装着し、多様な職場で働くモニターの身体活動情報、心拍情報、ストレス度、睡眠情報などの生体情報をリアルタイム計測する。計測情報をクラウドに集積し分析することで、職場環境とストレス度の相関、就業時のストレス度と就寝時の睡眠の深さの相関などを検証する。

(出所:ダイキン工業、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタル)
(出所:ダイキン工業、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタル)
[画像のクリックで拡大表示]

 IoTデバイスは、内蔵されたチューブ式空気圧センサーで体の微小な振動を検知し、心拍・呼吸・胎動などの生態情報を抽出する。心拍間隔から各ストレス指標を算出し、心拍間隔のゆらぎを分析することで計測時のストレス度を判定する。このほかにも、睡眠時間や睡眠の深さの変化を計測できる。

(出所:ダイキン工業、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタル)
(出所:ダイキン工業、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタル)

 ダイキン工業は独自のバイタルセンシング技術を用いたベルト装着型IoTデバイスの開発、SBTは生体情報を蓄積・分析するクラウドプラットフォームの提供、青山キャピタルは衣料品業界のネットワークを活用した多様な職種からのモニター獲得を担当する。

ダイキン工業のWebサイト
ソフトバンク・テクノロジーのWebサイト
青山キャピタルのWebサイト