PR

 フジテレビグループのリアルエステートジャパンは2017年3月23日、エクソンおよびネクストアドバイザーズと同日に業務提携し、外国人向け民泊総合支援サービスを開始したと発表した。

 リアルエステートジャパンは外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を運営し、国内の不動産賃貸・売買物件情報を世界中の外国人に向けて配信している。今回のエクソンとの提携により、訪日外国人に対してエクソンが管理・運営する民泊用物件や宿泊対応物件の情報を提供できるようになった。さらに不動産コンサルティング事業を営むネクストアドバイザーズとの提携により、日本に不動産を保有する外国人オーナーや日本の不動産に投資を予定している海外投資家に対して、不動産活用相談や資産組み替えなどについての提案窓口の役割を担うことが可能になった。

図●今回の提携の下でのサービス提供のイメージ
図●今回の提携の下でのサービス提供のイメージ
(出所:リアルエステートジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は今回の民泊総合支援サービスの提供開始により、昨今急速な高まりを見せる訪日外国人の民泊需要の取り込みに加え、供給不足が懸念されている民泊用不動産市場のさらなる活性化にも寄与することを目指すとしている。

[発表資料へ]