PR

 米Twitterは現地時間2017年3月31日、初期設定のプロフィールアイコンを従来の「たまご」から人間のシルエットに変更すると発表した。ユーザーが自身の画像をアップロードするよう促すことが狙いだとしている。

Credit: Twitter
Credit: Twitter

 同社は昨年、多様性と表現力を軸にしたルック&フィールにデザインを変更したが、その取り組みの一環として、ユーザーの自己表現を後押しする初期設定プロフィールにするべきだと考えたという。

 かわいらしいたまごアイコンを気に入って使い続けているユーザーもいるが、Twitterは自分らしさを出すスペースとして使ってもらいたいと考えている。新しい人型アイコンは「空き状態」あるいは「どこかの誰か」といった印象を与えるので、ユーザーが自己表現するために写真をアップロードする気にさせると同社は期待している。

 また、嫌がらせ目的のために作成されたアカウントでは、初期設定アイコンのまま手を加えられていないケースがあり、たまごアイコンとネガティブな行為が結びつけられてしまう。これは自分のプロフィール写真をまだアップロードしていない新規ユーザーには不公平だと、Twitterは説明した。

 同社は新しいアイコンの作成にあたり、肩と頭のシルエットだけで性別を感じさせないデザインを試行錯誤したという。また、一時的なものであることが分かるように、カラフルな背景色ではなくグレーを採用した。

[発表資料へ]