PR

 NTTコミュニケーションズは2017年4月3日、スポーツやイベントなどのライブ映像を、放送事業者やインターネット動画配信事業者などの撮影現場となるスタジアムや会場から拠点設備にリアルタイムで伝送する「映像ネットサービス」の提供を同日に開始したと発表した。

図●サービスのイメージ
図●サービスのイメージ
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同サービスでは従量制の料金を採用する。伝送により発生する回線料金を日単位で支払うことが可能。イベントが開催されない期間は回線料金が発生しない。

 サービスでは移動可能な小型伝送装置を使用する。撮影現場のロケーションや設置スペースによる制約を受けづらく、日本全国の様々な撮影現場からの伝送に対応する。

 複数の撮影現場や拠点設備を繋ぐ伝送が可能。例えば、複数のイベント会場の映像を一カ所の拠点設備に伝送して、中継の途中で映像を切り替えられる。一カ所のイベント会場の映像を複数の拠点設備へ同時に伝送(マルチキャスト)することもできる。

 インターネットによる動画配信サービスが活発化しており、スポーツやイベントのライブ映像を配信する事業者も登場している。NTTコミュニケーションズは新しくライブ中継を始める事業者や、伝送費用の削減を検討する従来の放送事業者、短期間のイベントでのみ映像を配信したい事業者などに向けて、今回のライブ映像伝送サービスを開始した。

[発表資料へ]