PR

 情報処理推進機構(IPA)は2017年4月7日、「セキュリティ領域」と「データサイエンス領域」の具体的な専門分野や業務活動(タスク)、必要なスキルを体系化した「ITSS+(プラス)」を公開した。政府が推進する第4次産業革命に向けたIT人材の育成を推進するため、新たなスキル標準を策定する一環との位置付け。

 従来のITスキル標準(ITSS)が対象とする、情報サービスの提供やユーザー企業の情報システム部門に関わる既存の人材が、「セキュリティ領域」や「データサイエンス領域」のスキルを強化するための“学び直し”の指針として活用することを想定する。

 「セキュリティ領域」は企業などでセキュリティ強化が求められている状況を踏まえ、経営課題への対応から設計開発、運用保守、セキュリティ監査の領域で13の専門分野を具体化。各専門分野は新設された国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」が想定する業務を包含する。

「セキュリティ領域」のイメージ
「セキュリティ領域」のイメージ
(出所:情報処理推進機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 「データサイエンス領域」は既存のITSSに無い領域。ビッグデータや人工知能(AI)などは第4次産業革命に欠かせない技術であり、データサイエンティスト協会との協業により策定した。

「データサイエンス領域」のイメージ
「データサイエンス領域」のイメージ
(出所:情報処理推進機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 IPAは2017年4月以降もデジタル変革で求められる人材のスキル類型について検討を続ける。第4次産業革命に対応した新たなスキル標準を策定していく予定。

情報処理推進機構のWebサイト