PR

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2017年4月11日、企業向けのショーケース「HPE Intelligent Spaces - Workplace」を、東京都江東区の同社オフィス内に開設した。「働き方改革を牽引する次世代ミーティングルーム」を銘打った見学可能なミーティングルームである。HPEが同日開催した説明会で、代表取締役 社長執行役員の吉田仁志氏は、「働き方改革では、会社に来て効率よく仕事ができることも重要なポイントの一つだ」と説明した。

 会議の参加者がミーティングルームに入ると、部屋に設置した小型装置と参加者のスマートフォンがビーコンで通信し、入室が自動認識される。会議室の状態がリアルタイムに更新され、ルームの入口にあるデジタルサイネージの表示が変更される。また参加者が使うPCではSkype for Buinessが起動し、画面共有する状態に変わる。執行役員 テクノロジー・コンサルティング事業統括 事業統括本部長の小川光由氏は、「このショーケースのテーマは、会議の効率化だ」と話す。

写真●日本ヒューレット・パッカードが東京のオフィスに開設したショーケース「HPE Intelligent Spaces - Workplace」
写真●日本ヒューレット・パッカードが東京のオフィスに開設したショーケース「HPE Intelligent Spaces - Workplace」

 テクノロジーコンサルティング事業統括 モビリティ―&ワークプレイスソリューション ポートフォリオリードの大村恵吾氏は、「入室してからSkype for Businessによる画面共有の状態になるまでの時間は約1分半。限られた時間で効率化できるイメージを訪問者に伝えたい。その体験から、新しいテクノロジーの使い方を一緒に検討できる場とする」と説明した。

 ショーケースは複数のクラウドサービスの連携で実現している。具体的には、HPE Arubaの位置情報クラウドサービス「Meridian」、日本マイクロソフトの「Office 365(Skype for Businessを含むプラン)」、Robin Poweredの設備予約クラウドサービス、Losant IoTが提供するワークフローのクラウドサービスである。

 HPはショーケースのオープンと同時に、HPE Intelligent Spaces - Workplaceのソリューション提供も開始した。なお、Robin Poweredのクラウドサービスは、HPを介さず直接契約することが必要。またRosant IoTのクラウドサービスは、HPEが今後販売について検討する。

 説明会には日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野拓也氏も登壇。「働き方改革は政府にとっても“1丁目1番地”といえる大きなテーマ」と指摘し、「日本ヒューレット・パッカードと日本マイクロソフトの働き方改革における社内の経験やソリューション提供で得たノウハウを共有すれば、新たな働き方改革を推進できる。楽しみだ」とコメントした。

写真●日本ヒューレット・パッカード 代表取締役 社長執行役員の吉田仁志氏(左)と日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野拓也氏(右)
写真●日本ヒューレット・パッカード 代表取締役 社長執行役員の吉田仁志氏(左)と日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野拓也氏(右)