PR

 ASUS JAPANは2017年4月13日、新製品発表会「Zennovation」を開催し、ARとVRに対応したスマートフォン新製品「ZenFone AR」を発表した(写真1)。

写真1●ZenFone AR
写真1●ZenFone AR
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ZenFone ARは、ASUSが2017年1月にCESで発表した新製品で、今回日本市場に向け改めて発表する形になった。価格は8万2800円(税別)からで、2017年夏に発売を予定する。

関連記事:ASUSが最大12倍ズームの「ZenFone 3 Zoom」やAR対応の「ZenFone AR」を発表

 発表会には、ASUS JAPAN マーケティング部 部長のCynthia Teng氏が登壇。日本のSIMロックフリー市場におけるZenFoneの歩みを振り返り、「2年半前、日本の未来をアンロックすると宣言してZenFoneを発売して以来、多くのフィードバックを得てきた。他のスマホではできない体験を、今後も提供していく」と述べた(写真2)。

写真2●ASUS JAPAN マーケティング部 部長のCynthia Teng氏
写真2●ASUS JAPAN マーケティング部 部長のCynthia Teng氏
[画像のクリックで拡大表示]

 さらなるデジタルライフの充実には「モバイルとARの融合」が必要と語り、「ZenFone AR」を披露した。ZenFoneシリーズの中での位置付けとしては、「デジタル新時代をリードするイノベーターであり、ZenFoneの革命児だ」(Teng氏)と紹介した。