PR

 米IBMが現地時間2017年4月18日に発表した同年第1四半期(1~3月)の決算は、売上高が181億5500万ドルで前年同期から2.8%減少し、20四半期連続の減収となった。クラウド関連は引き続き好調だったが、技術サービスやシステム関連の不振を相殺できなかった。

 米会計原則(GAAP)ベースの純利益は前年同期比13.1%減の17億5000万ドル、希薄化後1株当たり利益は同11.5%減の1.85ドルだった。

 特別項目を除いた非GAAPベースの場合、純利益は22億5500万ドル、希薄化後1株当たり利益は2.38ドルとなる。

 英Reutersによると、アナリストの予測平均は売上高が前年同期比1.6%減の183億9000万ドル、特別項目を除いた1株当たり利益が2.35ドルだった。

 この5四半期で同社の売上高がアナリスト予測を下回るのは初めてという(米Business Insiderの報道)。IBMの株価は時間外取引で約5.4%下落した。

 事業別の売上高を見ると、ソリューションソフトウエアやトランザクション処理ソフトウエアを含むCognitive Solutions部門の売上高は40億6200万ドルで、前年同期から2.1%増加した。特に「Watson」関連の分析およびセキュリティサービスが好調だった。

 コンサルティングやビジネスプロセスアウトソーシング、アプリケーション管理などを含むGlobal Business Services部門は前年同期比3.0%減の40億600万ドルだった。

 技術サポートサービスやクラウドインフラサービスなどを含むTechnology Services and Cloud Platforms部門は前年同期比2.5%減の82億1600万ドル。

 システムハードウエアやOSを手がけるSystems部門の売上高は13億9500万ドルで、前年同期から16.8%落ち込んだ。

 融資サービスなどを含むGlobal Financing部門は前年同期比1.2%減の4億500万ドルだった。

 同社が「戦略的必須事項(Strategic Imperatives)」と名付ける注力事業(クラウドサービス、ビッグデータ分析、モバイル、ソーシャルネットワーク、セキュリティーを含む)の合計売上高は約78億ドルで前年同期に比べ12%増加し、中でもクラウド事業は同33%拡大した。

 2017年通期の業績見通しについては、非GAAPベースの1株当たり利益を13.80ドル以上、GAAPベースで11.95ドル以上とする従来予測を維持した。

[発表資料へ]