PR

 2017年5月2日、みずほ銀行の次期勘定系システムが今夏にも完成する見通しと一部メディアが報じた。同行は2016年11月に、同年末としていた開発完了時期を数カ月延期すると公表していた。みずほ銀行は、「(延期後のスケジュールに関して)トラブルは生じていない」としている。

 みずほ銀行は開発完了後、受入テストや移行準備を進める。移行完了までは1年~1年半を要するとしており、稼働時期は最短で2018年度になるとみられる。

関連記事:みずほ銀行、勘定系システムの統合・刷新で2度目の延期を検討