PR

 米Appleは現地時間2017年6月1日、アプリケーション配信/販売サービス「App Store」で開発者に支払った累計金額が700億ドルを突破したと発表した。

 App Storeの分配率に基づいて計算すると、2008年の開設以降、App Storeの総売上高は累計1000億ドルを超える(米Engadgetの報道)。

 Appleによると、App Storeでのアプリケーションダウンロード数は過去1年間で70%以上増加した。「ゲーム」および「エンターテインメント」カテゴリーが最も収益が高く、大ヒットタイトルとしては「Pokemon GO」や「Super Mario Run」などがある。

 「ライフスタイル」「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリーも好調で前年比70%成長し、「写真/ビデオ」カテゴリーは90%近い伸びを見せた。

 また、全カテゴリーにサブスクリプション方式が導入されたことにより、サブスクリプション契約数は1年前と比べ58%増加した。中でもビデオ配信サービス「Netflix」や「Hulu」をはじめ、食をテーマにした動画サービ「Tastemade」、「Over」「Enlight」といった画像編集アプリケーションなどでサブスクリプション購入が広がっているという。

 AppleのTim Cook最高経営責任者(CEO)は2016年8月、App Storeにおける開発者への分配金が累計500億ドルを超えたことを明らかにしている(米Mac Rumors)。

 またAppleは2017年1月に、App Storeで開発者が得た収益が累計600億ドルを突破したと発表した。2016年の1年間で開発者に支払われた金額は200億ドルを超え、2015年と比べ40%増加した。

[発表資料へ]