PR

 米Appleは現地時間2017年6月5日、「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を発表した。12月より、まず米国、英国、オーストラリアで販売を開始する。日本での発売については未定。

(出所:米Apple)
(出所:米Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 HomePodは高さ7インチ(約17.8cm)弱の丸みのある円筒型。同社の定額制音楽サービス「Apple Music」と連係するようデザインされ、優れた音質で没入感のある音楽体験を提供するとしている。

 また、Siriを通じてメッセージを送信したり、ニュース速報、スポーツ情報、天気予報を確認したりできる。照明やブラインドなど、スマートホームデバイスの操作も行える。

 「A8」チップを搭載し、独自設計の上向きウーファー、7つのビームフォーミングツイーター、高度なエコー除去技術を備えた6つのマイクを内蔵する。

 音楽を再生中に「Hey Siri, I like this song(ヘイSiri、この曲いいね)」と言えば、さまざまなジャンルやムード、プレイリストの中からユーザーの好みを学習し、デバイスにわたってユーザーの嗜好を共有する。

 「Hey Siri, who's the drummer in this?(ヘイSiri、このドラマーは誰?)」と質問して情報を入手したり、Siriに指示して次に再生するリストを作成および共有することもできる。

 HomePodは空間認識技術により、部屋のコーナー、テーブルの上、本棚など自身が設置されている場所を認識し、より良い音質を届けるために自動調整する。

 HomePodの米国での希望小売価格は349ドル。ホワイトとグレーの2色を用意する。

 スピーカー型音声アシスタント器機市場では、米Amazon.comが3年前に「Amazon Echo」をリリースし、圧倒的なシェアを占めている。米Googleが昨年「Google Home」を発売し、他の様々なベンダーもすでに参入している。

 遅れをとったAppleがどのようにEchoやHomeに対抗するか注目されるところだが、米New York TimesはHomePodのこざっぱりしたデザインや、音楽を最優先している点などを評価している。

 HomePodは180ドルのEcho、129ドルのHomeと比べてはるかに高く、説得材料として優れた音楽体験を楽しむための高性能スピーカーという特徴を前面に打ち出していると、米CNETは指摘している。

 いずれのメディアも、音楽以外の面でSiriが優れた機能を発揮できるかが重要だとしている。

[発表資料へ]