PR

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは2017年6月20日、都内で新製品発表会を開催し、SIMロックフリースマートフォンの新製品「Moto Z2 Play」を発表した(写真1写真2)。6月29日に5万3800円(税別)で発売する。

写真1●モトローラが日本で「Moto Z2 Play」を発表(撮影:山口 健太、以下同)
写真1●モトローラが日本で「Moto Z2 Play」を発表(撮影:山口 健太、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Moto Z2 Play
写真2●Moto Z2 Play
[画像のクリックで拡大表示]

「Moto Z2 Play」発表、Modsも2種類を追加

 説明会にはモトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長が登壇(写真3)。日本市場でのアプローチについて、「3月に発売したMoto G5とG5 Plusが好調。引き続き、新しいデバイスやModsを提供していく。販路も拡大していく」との方針を示した。

写真3●モトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長
写真3●モトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長
[画像のクリックで拡大表示]

 モトローラ独自のイノベーションとしては、スマートフォン本体の背面に装着することで機能を拡張できるモジュール「Moto Mods」を挙げた。「日本のユーザーは特にModsを愛している。中でもハッセルブラッドのカメラは販売シェアの多くを占めている。これまでのスマホにはない形で、コンシューマーに選択肢を提供している」(アダモポウロス社長)と語った。