PR

 加賀ソルネットは、PC周辺機器ブランド「j5create(ジェイファイブ・クリエイト)」から、デュアルディスプレイ対応のUSB 3.0接続ドッキングステーション3機種を2017年6月23日から順次発売する。3機種ともギガビットイーサネット、アナログRGB、HDMIを搭載し、最大2048×1152ドットの同時独立表示が可能。価格はオープン。

デュアルディスプレイ対応のUSB 3.0接続ドッキングステーション3機種
デュアルディスプレイ対応のUSB 3.0接続ドッキングステーション3機種
(出所:加賀ソルネット)
[画像のクリックで拡大表示]

 「piccolo(ピッコロ) Dual」(型番:JUD531)は、円筒形のアルミきょう体を採用。USB 3.0端子を3ポート備え、うち2ポートは2A出力に対応する。また、ステレオマイク、スピーカー端子を搭載する。本体寸法は横30.11×縦2.85×厚さ2.2cm、重さは約106.5g。予想実勢価格(税別)は1万4800円前後。6月23日発売。

 「BOOMERANG(ブーメラン) Dual」(型番:JUD481)は、V字型デザインで拡張性に優れる。USB 3.0端子を4ポート備え、うち2ポートは2A出力に対応する。ステレオマイク、スピーカー端子を搭載する。本体寸法は横35×縦3×厚さ12.1cm、重さは174g。予想実勢価格は1万3800円前後。6月23日発売。

 「JUD380」は、USBハブサイズのミニドッキングステーション。2ポートのUSB 3.0ハブを搭載する。本体寸法は横11.96×高さ1.415×厚さ4.28cm、重さは約82.6g。予想実勢価格は9180円前後。6月30日発売。

「j5create」のWebサイト