PR

 金融庁とオーストラリア証券投資委員会(ASIC)は2017年6月23日、日本とオーストラリアのFinTech企業をお互いに支援し合う協力体制を構築したと発表した。日経FinTechの読者限定イベント「Nikkei FinTech Conference 2017 #2」の会場で書簡を交換した。

FinTech企業の支援協力についての書簡を交換する、内閣府の越智隆雄副大臣と駐日オーストラリア大使のリチャード・コート氏
FinTech企業の支援協力についての書簡を交換する、内閣府の越智隆雄副大臣と駐日オーストラリア大使のリチャード・コート氏
[画像のクリックで拡大表示]

 書簡交換式に参加した内閣府の越智隆雄副大臣は「オーストラリアはFinTech先進国の一つ。今日の書簡交換が互いの成長のための協力体制を築く第一歩にしたい」と語った。

 駐日オーストラリア大使のリチャード・コート氏は「この書簡交換で取り決めた内容が、日本とオーストラリア両国の規制や政策立案に反映されることを願う」と話した。

 今回の主な取り決めはこうだ。まず、金融庁とASICがお互いに自国の革新的なFinTech企業を紹介することを可能にする。さらに両国は、紹介したFinTech企業に対して、適切なアドバイスとサポートを相手国に求めることができる。FinTech企業へのアドバイスとサポートは金融庁の「FinTechサポートデスク」とASICのFinTech育成施設「イノベーション・ハブ」が担当する。

 金融庁がFinTech企業の支援に関して他国と同様の書簡を交換したのは、英国、シンガポールに続いて3カ国目。ASICはオーストラリアの企業、市場、金融サービスの監督機関である。