PR

 日立製作所は2017年6月29日、ITサービス運用の継続的な改善を支援する「IT運用最適化サービス」を6月30日に販売開始すると発表した。SaaS型ITサービスマネジメント「ServiceNow」と日立の統合システム運用管理ソフト「JP1」を連携するテンプレートを提供。「ITサービスマネージメントとシステム運用を連携させたサービスプラットフォームを構築したうえで、継続的な改善支援でIT運用を最適化する」(日立製作所 IoT・クラウドサービス事業部 事業推進本部 主任技師の加藤恵理氏)。

IT運用最適化サービスの概要
IT運用最適化サービスの概要
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 連携テンプレートは当初、「ジョブ運用プロセス標準化テンプレート」「障害対処プロセス標準化テンプレート」の二つを用意。障害対処テンプレートでは、JP1で障害検知した後、切り分けやエスカレーションなど従来は人手に頼っていたプロセスを、ServiceNow上で自動化できる。

障害対処プロセス標準化テンプレート
障害対処プロセス標準化テンプレート
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所とServiceNow Japanは2016年7月に協業を発表。両社製品の連携させる製品やサービスを提供してきた。今回のIT運用最適化サービスは、ユーザー管理やパッチ適用といった運用を日立が行うMSPモデル。サポート窓口も日立に一本化した。日立製作所 IoT・クラウドサービス事業部 システム管理サービス部長の広瀬肇氏は「ServiceNowのインスタンスを日立が小分けにして提供できるので、小規模ユーザーでも導入しやすい」とメリットを話す。

 IT運用の最適化に向けて、「立ち上げ支援サービス」と「継続支援サービス」を用意。ITサービスマネージメントとシステム運用の両面から、企画・計画といったコンサルティング、設計・開発といったSIを提供する。「どこまでの支援が必要かは顧客によって異なる。ツールの選択も基本的には自由だ」(広瀬氏)。両サービス、およびサービスプラットフォームの価格はいずれも個別見積もり。7月31日に提供を開始する。