PR

 ソフトバンクがRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)関連サービスに参入することが、日経コンピュータの調べで分かった。RPAとは、PCを使った業務データの入力やコピーといった定型的な事務作業を企業が効率化すること。こうした取り組みを進める企業の需要を狙う。まずソフトバンク自らRPAを実践し、具体的な導入効果を見極めたうえでRPAの実現支援サービスを始める。

 RPAは働き方改革や、人手不足への対策として注目が高まっており、参入を決めたもよう。クラウドサービスなどと組み合わせた提案を検討する。

 この分野では、専業ベンダーのRPAテクノロジーズのほか、NTTデータや日立システムズなどがサービスを提供している。