PR

 エム・データは2017年7月24日、現在提供中のTV-CMメタデータに対して、タイムCMあるいはスポットCMを区分したデータ提供を開始したと発表した。TVメタデータをよりリッチ化しようという取り組みである。

 新しいサービスでは、「タイム」「スポット(PT:パーティシペーション)」「スポット(SB:ステーションブレイク)」の三つに区分する。

図●タイムCMとスポットCMを区分したデータのイメージ
図●タイムCMとスポットCMを区分したデータのイメージ
(出所:エム・データ)
[画像のクリックで拡大表示]

 エムデータが提供する「TV-CMメタデータ」と「TV番組メタデータ(提供スポンサーデータ)」を組み合わせて判定することで、区分判定の高精度化を図っている。CMメタデータに今回のような区分を新たに付与することで、「従来のTV-CMメタデータで確認できた自社や競合社などのTV-CM出稿状況の調査・分析の質や幅を深め、マーケティングデータとしての活用性が向上する」としている。

 区分したデータの提供は、7月1日に関東エリア(在京キー局)のTV-CMメタデータで始めた。今後、中京エリアや関西エリアへの拡大を計画する。またエム・データが提供するクラウド型ビッグデータ分析サービス「TV Rank」への「タイム・スポット分析サービス(仮称)」としての実装も予定する。

[発表資料へ]