PR

 富士ゼロックスは2017年7月27日、工業製品などの物体表面を画像認識で一意に識別できる技術「Yoctrace(ヨクトレース)」を開発し、印刷業などを対象にライセンス提供を始めたと発表した。製品の偽造防止に役立つだけでなく、仮想通貨の情報を紙に印刷して保管する「コールドウォレット」のセキュリティを高める用途にも使えるという。

Yoctraceの基本構成図
Yoctraceの基本構成図
(出所:富士ゼロックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、スマートフォンやデジタルカメラで照合したい物体の表面を撮影し、サーバーのデータベースに登録しておく。物体を照合する際は、登録時と同じ箇所を撮影して比較し、同じ物体かどうか識別する。Yoctraceは画像全体を照合するため、特徴点を抽出する指紋認証よりも高い精度で照合できるという。

 Yoctraceはランダムパターンの画像を撮影できる多くの物体に適用できる。有価証券やIDカード、ICチップ、アルミ製の瓶の蓋、個別IDの付与が難しい錠剤のような小さな物体の識別にも使える。「Yoctraceを活用すれば、個別のシリアル番号やバーコードを付与する必要がなくなる」(富士ゼロックス広報)。

Yoctraceの適用例
Yoctraceの適用例
(出所:富士ゼロックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 画像は1~数mm角ほどあれば十分で、一つの物体の照合にかかる時間を数ミリ秒以下に抑えた。約50件の関連特許を取得済みという。提供の形態や価格は顧客の要望によって異なるとした。