PR

 日本マクドナルドは2017年7月28日、同月27~28日に商品購入時のdポイントや楽天スーパーポイントの利用、電子マネーを使った決済と、宅配サービス「マックデリバリー」が不能になるトラブルが発生したと発表した。同社は2017年6月に、WannaCryの亜種マルウエアによりポイントサービスが利用できなくなるトラブルが発生していたが、「今回はマルウエアとは無関係」(日本マクドナルド)としている。

日本マクドナルドの店舗
日本マクドナルドの店舗
[画像のクリックで拡大表示]

 トラブルは7月27日の早朝に「複数の店舗から報告を受けて気づいた」(日本マクドナルド)。dポイントと楽天スーパーポイントは全店舗、マックデリバリーもサービスを提供している約200店舗の全てで使用不能になった。一方、電子マネーでの支払いは「ごく少数の店舗」でのみ発生したとする。

 原因は通信機器のソフトウエアの不具合。「設定を見直し、正しい設定内容に修正した」ことで翌28日の午前10時ごろに復旧したとしている。