PR

 米国のThe Walt Disney Companyは2017年8月8日(現地時間)、BAMTech社の株式の過半数を取得することに合意したと発表した。2018年の早い時期に、「ESPN」ブランドで各種スポーツを扱う新しい映像ストリーミングサービスを立ち上げる。さらに、2019年には新しい「Disney」ブランドのストリーミングサービスを始める計画。

Disneyの発表資料
Disneyの発表資料
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年に立ち上げ予定のESPNブランドのスポーツ映像配信事業では、年間1万以上の国内外のスポーツ、イベントを配信していく。この中には、野球やアイスホッケー、サッカー、テニス、カレッジスポーツなどを含む。新しいサービスは、現行の「ESPNアプリ」の拡張版から利用できるようにする。有料テレビ放送に契約する会員も、このサービスが利用可能となる。

 Disneyブランドの映像配信サービスでは、ディズニーとピクサーの最新の実写映画とアニメを米国で独占的に配信する。例えば、「トイ・ストーリー4」、「アナと雪の女王」、「ライオンキング」などを含む。また、DisneyやPixarの映画、Disney ChannelやDisney Junior、Disney XDなどテレビ番組のライブラリも提供する。

 この戦略シフトに併せて、ディズニーは2019年の劇場版から始まる新しいリリースから、Netflix社の契約者向けストリーミングへの配信契約を終了する。

[発表資料へ]